宮城のニュース

<ベガルタ>「点を取れ」ミニゲーム白熱

 選手たちが4対4のミニゲームで白熱の攻防を演じた。狭いピッチで攻守が目まぐるしく入れ替わり、遠い位置からも積極的にシュートを狙った。敗れたチームには腕立て伏せの罰ゲームも。渡辺監督も「点を取れ」と盛んにハッパを掛けた。
 鉄は熱いうちに打つ。22日の九州リーグ海邦銀行(沖縄)との練習試合で一方的に押し込みながら決定力を欠いた。渡辺監督は「練習試合で取り切れなかった分、点を取ることに特化した。戦術うんぬんより球際の強さにこだわった」と意図を話した。


2018年01月26日金曜日


先頭に戻る