宮城のニュース

<旧北上川>「ギシッ、ギシッ」川面覆う大量の氷、厳冬の音響く

氷が流れをせき止め、流氷のような光景が広がった旧北上川=26日午後1時25分、石巻市鹿又

 東北地方は26日、厳しい冷え込みが続いた。宮城県石巻市の旧北上川では大量の氷が川面を覆い、「ギシッ、ギシッ」と厳冬の音を響かせた。
 石巻の同日の最高気温は氷点下1.4度で、真冬日を記録。三陸自動車道の新天王橋付近(石巻市鹿又)の旧北上川は早朝、ほぼ対岸まで氷に覆われた。日中は上流から流れてきた氷が幾重にも積み重なり、流氷のような光景を見せた。
 近くに住むサービス業の佐々木文夫さん(70)は「これだけ大量の氷に覆われたのは、恐らく何十年ぶりでしょう」と驚いていた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月27日土曜日


先頭に戻る