宮城のニュース

<ベガルタ>「怪物」平山現役引退 国見高同級生の関「決断尊重したい」声詰まらす

平山相太

 J1仙台は26日、元日本代表FW平山相太(32)の現役引退を発表した。J1のFC東京から完全移籍した昨季は、左くるぶし付近のけがなどで公式戦出場の機会がなかった。
 福岡県出身。長崎・国見高時代に身長190センチの大型FWとして注目された。2005年、オランダ1部・ヘラクレスに入団。06年からFC東京でプレーした。J1リーグ戦通算168試合33得点。04年アテネ五輪に19歳で代表メンバー入り。日本代表では10年1月のデビュー戦で3点を挙げた。
 クラブを通じ「度重なるけがのため、現役から退き、引退することを決断した。仙台はもっともっと強く成長していくクラブだと確信している」などとコメントした。
 平山の引退表明を沖縄県糸満市でキャンプ中の選手たちも惜しんだ。16年にFC東京で一緒だった新加入のFW阿部は「仙台で(共に)プレーするのを楽しみにしていたので残念」と話した。国見高同級生のGK関は「全国制覇が一番の思い出。引退を止めたい気持ちもあるが、決断を尊重したい」と声を詰まらせた。
 渡辺監督はキャンプイン前に平山から引退を告げられたという。高校時代にゴールを量産し「怪物」と称されたことを挙げ「怪物をよみがえらせたい思いはあったが、一番つらいのは本人。選手たちには『彼の思いを背負って1年間戦わないといけない』と伝えた」と語った。


2018年01月27日土曜日


先頭に戻る