岩手のニュース

行方不明の水沢署員懲戒免職 当て逃げ事件に関係か

 岩手県警は26日、無断欠勤が続いているとして、水沢署刑事課の熊谷陽平巡査部長(32)=奥州市=を懲戒免職処分にした。熊谷氏は昨年11月22日夜に奥州市水沢区で起きた当て逃げ事件に関係しているとみられ、翌23日以降、行方が分からなくなっている。
 県警監察課によると、11月23日昼に水沢区内で熊谷氏の私有車が破損した状態で見つかった。県警は、熊谷氏が逃走しているとみて行方を追っている。
 これまで監察課は、熊谷氏の行方不明に関し「捜査中であり、何も言えない」と説明。逮捕状が出ているかどうかについては「逃走の恐れがあり、何も言えない」としている。


関連ページ: 岩手 社会

2018年01月27日土曜日


先頭に戻る