福島のニュース

<福島県警>「初恋をテーマにポエムを書け」部下に暴力やパワハラ行為繰り返した2警官を処分

 福島県警は26日、部下に暴力や初恋をテーマにした詩を書かせるなどのパワハラ行為を繰り返したとして、災害対策課の男性巡査部長(29)を停職3カ月、男性警部補(37)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした上、暴行容疑で巡査部長を書類送検した。
 県警によると、巡査部長は2017年5〜10月、職場や出張先で計7人に「訓練に対する態度が悪い」と言って腹や頭を蹴ったり殴ったりした。暴行は計10回に及んだ。同時期、後輩の指導計画書作成を強要するといったパワハラも、6人に対し計8回行っていた。
 同じ職場の警部補は17年4〜9月、昇任試験の予備試験に落ちた4人に「初恋をテーマにポエムを書け」と命じるなど、部下6人に計8回のパワハラをした。
 巡査部長は「許されると思っていた」、警部補は「悪ふざけの範囲と認識していた」などと話したという。


関連ページ: 福島 社会

2018年01月27日土曜日


先頭に戻る