宮城のニュース

<ベガルタ>金久保、完全復活アピール 平山の決断がモチベーションに

 金久保が完全復活をアピールした。ミニゲームの1回目でシャドーストライカーを務め、前線の攻守に走り回った。昨年6月に右膝を手術し、キャンプも右足首痛で一時離脱。久々となる11対11の実戦形式の練習に「調子は20%くらい。頭と体がまだ連動していない」と課題を口にしながらも、表情は明るかった。
 復帰への支えになったのは、けがで現役引退を表明した平山への感謝。手術後は一緒にリハビリに取り組んだ。「キャンプでも励まし合いながら一緒にできると思っていた」と惜しむ。実戦復帰に向けた鳥栖との練習試合を前に「彼の決断は自分のモチベーションになる。サッカーができるだけありがたいとの思いを胸にプレーしたい」と誓った。


2018年01月28日日曜日


先頭に戻る