宮城のニュース

<インバウンド>宮城県南に3000人以上誘致 17年度報告

 訪日外国人旅行者(インバウンド)の宮城県南への誘致を図る観光地域づくり推進法人「宮城インバウンドDMO」(丸森町)は26日、2017年度の活動報告を町内で行った。海外の旅行会社への営業やモニターツアーなどで「3000人以上の誘致につながった」と分析した。
 DMOによると、タイと台湾からのモニターツアーを3回行い、参加者計31人が会員制交流サイト(SNS)に投稿した結果、約50万のページビューを獲得。台湾の旅行会社が今年1〜2月に実施中の東北周遊ツアー客は約840人に上ると報告した。
 18年度も台湾を中心にプロモーションや、サイクリングなど特化したツアー販売を展開するとした。


関連ページ: 宮城 経済

2018年01月29日月曜日


先頭に戻る