宮城のニュース

<スケート国体>加藤(東北高)SP31位 ジャンプ失敗「悔しい」

フィギュア少年女子SPで31位だった加藤(東北高)の演技
フィギュア少年女子SPで31位だった加藤叶佳(宮城)の演技=2018年1月28日、山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナ

 第73回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会が28日、山梨県富士吉田市などで開幕した。フィギュアスケート少年女子はショートプログラム(SP)があり、三浦向日葵(ひまり)(沖野中)が4位、加藤叶佳(きょうか)(東北高)は31位だった。

 フィギュア少年女子SPで加藤(東北高2年)はジャンプの失敗が響いて31位。「とにかく悔しい」と唇をかんだ。
 序盤の3回転−2回転のコンビネーションジャンプは3回転の着氷が乱れて後半の2回転を跳べなかった。心理的な影響は大きかったようで、その後はステップ、スピンともに満足できる演技とはならなかった。
 悔いが残る内容だが、ダブルアクセルは成功させて意地を見せた。「最後のジャンプを決めることができてほっとした」と語った。


2018年01月29日月曜日


先頭に戻る