秋田のニュース

<男鹿水族館>ホッキョクグマ「クルミ」永遠の別れ「職員や来館者を和ませてくれた人気者だった」

2本足で立ちながらおもちゃで遊ぶクルミ(男鹿水族館提供)

 秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOは28日、雌のホッキョクグマ「クルミ」が死んだと発表した。21歳だった。同水族館が死んだ原因などを調べている。
 同水族館によると、同日午前8時ごろ、見回りをしていた職員が展示場内で動かなくなったクルミを発見し、呼吸をしていないことを確認した。
 クルミは2011年4月、種の保存を目的に国内8施設で取り組む「ホッキョクグマ繁殖プロジェクト」の一環で、北海道の釧路市動物園から移された。雄の「豪太」との間に12年12月、雌の「ミルク」が誕生し、男鹿水族館で初めて繁殖に成功した。
 昨年3月から繁殖のために豪太と同居させる「ペアリング」を開始したが、妊娠の兆候がなく、今季の出産はないとみられていた。
 クルミの死により、同水族館のホッキョクグマは豪太だけになった。出産のための環境づくりや血縁上などの問題から施設での繁殖は難しいとされ、国内には現在、約40頭しかいない。
 広報課の高橋深雪さん(36)は「2本足で立ち上がるなど魅力あふれるクマで、長年、職員や来館者を和ませてくれた人気者だった」と振り返った。


関連ページ: 秋田 社会

2018年01月29日月曜日


先頭に戻る