宮城のニュース

東北大留学生6人逮捕 コカイン譲り受け容疑、学生寮の部屋やナイトクラブで使う

 宮城県警銃器薬物対策課と仙台北署は29日、コカインを無償で譲り受けた麻薬取締法違反容疑で、東北大の外国人留学生6人を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認め、ほとんどの容疑者がコカイン使用も認めているという。
 逮捕されたのはボスニア・ヘルツェゴビナ国籍のカメリッチ・ミルゼット(26)=仙台市青葉区角五郎2丁目=、オーストラリア国籍のネトルトン・セオドール・ジェンキンズ(22)、スウェーデン国籍のラルソン・アンダーズ・ロビン(23)の各容疑者ら男女計6人。
 銃器薬物対策課などは29日、ミルゼット容疑者を除く5人が住む青葉区三条町の東北大留学生向け学生寮を家宅捜索した。
 6人の逮捕容疑は昨年11月下旬〜12月上旬、寮の部屋や同区国分町のナイトクラブ内で、寮に住むオーストラリア国籍の同大交換留学生クロトフィル・カラム・ニコラス被告(20)=麻薬取締法違反などの罪で起訴=から若干量のコカインを無償で譲り受けた疑い。
 6人の大半は寮の部屋やナイトクラブのトイレなどでコカインを使用したと供述したという。このうち、ニュージーランド国籍の女性(21)、スイス国籍の男性(25)、フィリピン国籍の男性(20)は29日までに起訴猶予となり、釈放された。
 ニコラス被告は昨年10月29日、ヘロイン約0.98グラム(約3万円相当)の粉末と合成麻薬MDMA約6.99グラム(約2万8000円相当)を隠した郵便物を英国から輸入して自宅に送らせようとした上、同12月6日に自宅でコカイン6.53グラムとヘロイン0.07グラムを所持したとして起訴された。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月30日火曜日


先頭に戻る