青森のニュース

<スケート国体>青森健闘7位 フィギュア少年女子

フィギュア少年女子フリー 総合で7位入賞を果たした青森県の広谷
フィギュア少年女子フリー 総合で7位入賞を果たした青森県の大沢

 第3日は29日、甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナなどで行われ、フィギュア少年女子は全国高校選手権優勝の竹内すい(愛知・大同大大同高)がフリーで1位の115.49点をマークし、合計174.89点で制した。青森の広谷帆香(八戸工大一高2年)と大沢寧子(三沢高1年)は都道府県成績で7位入賞を果たした。

◎青森、フリーで挽回

 フィギュア少年女子の青森県は、2人の順位合計で競う都道府県成績で7位入賞を果たした。広谷と大沢は「県としての入賞が目標だったのでうれしい」と喜んだ。
 大沢は前日のショートプログラム(SP)で24位だったが、フリーで挽回。「緊張した中でも自信を持ち、のびのびとやれた」とスピンやステップで情感豊かな演技を見せ、総合21位と順位を上げた。
 SP8位の広谷は「入賞できるかどうかは自分に懸かっていた」と重圧を感じつつ、3種類の3回転ジャンプを成功させるノーミスの演技を披露。総合9位と順位を一つ下げながらも、フリー自己ベストをマークし、「思わずガッツポーズが出た」と納得顔だった。


2018年01月30日火曜日


先頭に戻る