秋田のニュース

<プレステージ・インターナショナル>秋田・横手のコールセンター 託児所併設、来年4月稼働

プレステージ社が横手市に建設する新拠点の完成予想図。クローバーの葉をイメージした

 コールセンター運営などを受託しているプレステージ・インターナショナル(東京)は、横手市に新設する拠点の概要を発表した。約500席の事務スペースのほか、託児所やカフェテリアを設ける。秋田県内の拠点は秋田、にかほ両市に続き3カ所目。来年4月の業務開始を目指す。
 横手市柳田の横手第2工業団地に約20億円かけて整備する。鉄骨平屋の約5000平方メートルで、雪対策として敷地を約1メートルかさ上げする。ロードサービス、製品の問い合わせなどのコールセンター業務を請け負う。
 約200人の正社員を雇用し、約3年間で500人に増やす。託児所などの施設を充実させることで、従業員の定着を狙う。
 同社は来年4月をめどに県内の拠点を分社化。将来は地元採用者の管理職登用を目指す。
 25日に県庁を訪問した玉上進一社長は「子育てしながらフルタイムで働ける環境を整えることが重要」と説明。佐竹敬久知事は「地元で働いて定着し、結婚することで人口減少対策にもなる」と期待した。


関連ページ: 秋田 経済

2018年01月30日火曜日


先頭に戻る