広域のニュース

<蔵王山>噴火警戒レベル2に引き上げ 火山活動が活発化

 宮城県と山形県にまたがる蔵王山で火山性微動が続いていることを受け、気象庁は30日、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から、2(火口周辺規制)に引き上げた。
 噴火警報も発表し、小規模な噴火の可能性があるとして、想定火口域の馬の背カルデラからおおむね1・2キロの範囲で、飛散する噴石に警戒するよう呼び掛けた。
 気象庁によると、30日午後2時18分から31分にかけて、地下の熱水や火山ガスの動きを示すとされる火山性微動が観測された。28日と30日未明に観測された微動より振幅が大きかった。
 傾斜計による観測でも、28日から山頂の南側が隆起する地殻変動が続いており、火山活動が活発な状態になっている。
 山形市は、火口周辺の地域に避難勧告を発令し、登山客らがいないか確認するとともに、周辺のスキー場にも今後の情報に注意するよう警戒を呼び掛けた。宮城県蔵王町も対応を検討している。


関連ページ: 広域 社会 蔵王山情報

2018年01月30日火曜日


先頭に戻る