宮城のニュース

<トークイベント>ゲストは「杜の都のチャレン人(じん)」 仙台のNPO あすから開催 月1回活動、展望語る

「チャレン人@NEWS CAFE」の案内チラシ

 河北新報夕刊の連載企画「杜の都のチャレン人(じん)」(毎週土曜日掲載)に登場した人たちが、自身の活動や今後の展望を語るトークイベント「チャレン人@NEWS CAFE(チャレンジン・アット・ニュースカフェ)」が2月1日から月1回、原則として毎月第1木曜夜に開かれる。

◇◆◇

 初回のゲストは時代劇ドラマも手掛け、仙台市で活動する結髪師(けっぱつし)沢田聖子さん。目の前で髪結いを実演しながら、日本髪の魅力を生かした企画の可能性などを語る。
 「杜の都のチャレン人」は、それぞれの夢に挑戦している人たちを紹介する内容で2016年1月に連載開始。トークイベントは、交流が育む新たな価値の創造を支援しているNPO法人ファイブブリッジ(仙台市)が主催、河北新報社が共催し、チャレン人と参加者の交流から新たなチャレンジが生まれることを期待している。

 2回目以降のゲストは次の通り。3月1日=センダイ・ブレッド・フェス運営責任者服部忠司さん▽4月5日=お茶っこ飲みの楽しさを発信する内海康生さん▽5月10日=スーパーFJ選手権で活躍する東北大生小林丈晃さん▽6月7日=花による街づくりを仕掛ける山田剛さん。
 いずれも午後7〜9時、会場は仙台市青葉区北目町の「綴(つづり)cafe(カフェ)」。参加費1000円。定員30人。申込先はメールinfo@five−bridge.jpまたは綴cafe022(393)7888。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月31日水曜日


先頭に戻る