宮城のニュース

<ベガルタ>蜂須賀、復帰へ 黙々とランニング

 延岡キャンプの初日、蜂須賀が全体練習後にピッチで黙々とランニングを続けた。昨季リーグ戦最終節甲府戦のウオーミングアップ中に右膝半月板を損傷し、全治15週間と診断されたが「日ごとに、少しずつ(状態は)上がってきている」と表情は明るい。
 現在、3月下旬の復帰を目指して調整しているという。昨季は両ウイングバックを務めるなど、攻守に献身的なプレーで存在感を示した。「『ウサギとカメ』で言うならカメ。『蜂須賀』だけど『カメ須賀』になって、自分のペースで調整したい」と話した。


2018年01月31日水曜日


先頭に戻る