宮城のニュース

<ベガルタ>延岡キャンプスタート

 30日から宮崎県延岡市の西階陸上競技場で第2次キャンプを始めた。午前のみ約45分間練習。29日のJ1鳥栖、J3琉球との練習試合の疲労回復を目的に、軽めのランニングやストレッチで体をほぐした。
 今季3人いる主将の一人、MF奥埜は練習の先頭に立ってチームをけん引。右膝の故障で別メニューで調整中のDF蜂須賀は全体練習後、居残りでランニングをこなした。
 渡辺監督は「(沖縄キャンプで)フィジカル面では一つ山を越えた。延岡キャンプでは、戦術を研ぎ澄ます作業に取り組んでいく」と語った。


2018年01月31日水曜日


先頭に戻る