山形のニュース

東北中央道で米沢味わって 開通記念 来月、飲食店がお得な特別メニュー

 東北中央自動車道の福島大笹生(おおざそう)−米沢北インターチェンジ間の開通を記念し、山形県米沢市中心部の飲食店が特別メニューを提供する「米沢まちなかバル」が2月1日から28日まで開かれる。

 30店が1000円または2000円(ともに税込み)のランチとはしご酒メニューを提供。福島、山形県境にある東北最長のトンネル「栗子トンネル」(8972メートル)にちなみ、1枚1000円分のチケット10枚つづりを1セット8972円で、限定200セット販売する。
 米沢織の店と酒店も参加し、計32店での飲食や買い物でスタンプを集めるスタンプラリーを実施する。スペシャルデーの2月24日には、各店が特別メニューのほかドリンクサービスなどの特典を用意する。
 主催する米沢市商店街連盟は「無料区間の高速道を利用して米沢に来ていただき、昼、夜の飲食を楽しんでもらいたい」(事務局)と話している。
 限定チケットはJR米沢駅の観光案内所やファミリーマートなど市内4カ所で販売する。連絡先は米沢市商店街連盟事務局0238(21)5111。


関連ページ: 山形 社会

2018年01月31日水曜日


先頭に戻る