福島のニュース

公用PCで懸賞1450件応募 福島県、職員を処分

 福島県は30日、自身の公用パソコンを使い、新聞社が企画した懸賞に応募したとして、いわき市内にある出先機関に勤務する管理職で50代の男性職員を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。2件の懸賞に対し、2週間ほどかけて計約1450件応募していた。
 県によると、男性は昨年12月2日以降、勤務時間中などに懸賞に応募していた。応募したのは1等賞金3万円と図書カード3万円相当の懸賞で、それぞれ別の新聞社が企画。「県から大量のアクセスがある」と新聞社が連絡して発覚した。
 県の聞き取りに対し、男性は「過去にも同じ懸賞に応募して当選したことがあり、エスカレートしてしまった」「今回当選しても辞退する」といった趣旨の説明をしているという。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年01月31日水曜日


先頭に戻る