秋田のニュース

<J3秋田新スタジアム>改修費9億9000万円 市、命名権売却も検討

 サッカーJ3秋田の新スタジアム整備を巡り、秋田市は31日、新スタジアム完成まで暫定的に使用する市八橋運動公園陸上競技場の改修について概要を明らかにした。市議会教育産業委員会で説明した。
 市スポーツ振興課によると、概算事業費は9億9000万円。内訳は大型映像装置や照明設備の整備といった電気工事9億円、ドーピング検査室の改修など6000万円、実施設計など3000万円。
 改修後の維持管理費は現在の年間約2400万円から800万〜900万円程度増える見通し。収入を確保するため施設利用料引き上げや命名権(ネーミングライツ)売却を検討する。
 改修費を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案が市議会2月定例会で可決されれば契約手続きに入り、5月に仮契約の予定。市議会6月定例会に契約案件として提案後、7月着工、来年2月使用開始を目指す。


2018年02月01日木曜日


先頭に戻る