秋田のニュース

<秋田おばこ農協>組合員怒り「裏切りだ」

 「納得がいかない」「農家への裏切りだ」。秋田おばこ農協が31日に開いた総代説明会に出席した組合員らは、約56億円の累積赤字を計上した農協に対して怒りと不満をあらわにした。
 秋田県美郷町の60代男性は「信じられない不祥事だ」と憤った。農協からはこの日、初めて具体的な経緯が説明された。男性は「上層部はずさんな会計処理を把握していなかったと言うが、そんな組織はあり得ない」と語気を強めた。
 大仙市の50代男性は、昨年7月の大雨でコメの収穫量が例年より減少した上に、品質低下で価格が低迷するなど影響を受けた。今回の不祥事は「再出発を図ろうとした農家への裏切りだ」と怒った。
 父親の後を継いで5年前から稲作に励む同市の40代男性は「大きな支えだった農協の経営が厳しくなれば、農家の収入にも影響しかねない。これでは若い世代が農業から離れてしまう」と危機感を口にした。
 仙北市の70代女性は「ここまで多額の赤字を隠し続けてきたことにあきれた。結局、後始末を強いられるのは農家だ」と言い、足早に会場を後にした。


関連ページ: 秋田 社会

2018年02月01日木曜日


先頭に戻る