宮城のニュース

<仙台市18年度予算案>いじめ防止対策や子育てなど手厚く

◎教育・いじめ対策/教職員44人を増員

 教職員の多忙化解消の推進に14億6526万円を計上する。このうち、柱となる35人以下学級の拡充には3億801万円を配分。現行の小学1、2年と中学1年に加えて、新たに中学2年でも実施するため、教職員を計44人増員する。
 在校時間を正確に把握するためタイムカードを導入。教職員向けの相談カウンセラーを新たに配置する。
 いじめ・不登校防止対策の推進に13億7313万円を投じる。新設するいじめ対策推進室が、いじめ防止条例の策定を検討する。
 児童生徒が相談しやすい環境づくりでは、会員制交流サイト(SNS)を活用した相談体制を整える。スクールカウンセラー(SC)は3人増の86人、スクールソーシャルワーカー(SSW)が2人増の7人に拡充し、計1億7607万円を配分する。
 いじめ問題などで、法的観点から学校に助言するスクールロイヤー(弁護士)の費用として166万円を確保。不登校の多い学校で「別室登校」する児童生徒に対応する専任の相談員を新たに3人配置する。

◎子育て/不妊の助成上乗せ

 子育て環境の充実を図るすこやか子育てプラン(2015〜19年度)関連に、前年度より約11億円多い623億1888万円を計上。郡和子市長が昨年7月の市長選で重点政策に掲げた「妊娠から子育てまで切れ目のない支援」を目指す。
 特定不妊治療支援は、国基準の助成に市独自に1人5万円を上乗せする経費900万円を含め、2億4826万円を計上した。国の補助事業を活用し、産後2週間〜1カ月に行う産婦健康診査への助成に2105万円、医療機関などで育児指導をする産後ケア事業に1556万円を計上する。
 待機児童解消では、保育士確保に向けた複数の新規事業を打ち出した。経験年数が2年以下の若手保育士に月額5000円を支給する独自制度に5856万円を充当。事業者が保育士の宿舎を借り上げる際の家賃の4分の3を助成する制度に1350万円を充てる。
 子どもの貧困対策では、子ども食堂の開設や運営にかかる費用を助成する子どもの居場所づくり支援に1200万円を盛り込んだ。

◎まちづくり/仙台城活用本格化

 定禅寺通(青葉区)の活性化推進事業に5298万円を確保した。道路空間の再構成の検討を続け、にぎわいの創出、市中心部の回遊性の向上を図る。
 楽都仙台の拠点となる音楽ホールの整備検討に1648万円を計上した。有識者による検討懇話会やシンポジウムを開催する。
 高齢化や過疎化が進む郊外の住宅地や市西部地区のまちづくりプロジェクトに5023万円を割り振る。地域課題の解決に取り組む地域の担い手に活動費を補助する。
 青葉山公園の「公園センター」建設などに1億2456万円を配分した。センターは2021年3月完成予定。国史跡「仙台城跡」の保存活用計画策定に620万円を充て、05年策定の整備基本計画を改定する。

◎復興・防災/捜索ドローン導入

 津波被災地の復興関連では県道塩釜亘理線などのかさ上げによる東部復興道路(全長10.2キロ)の整備に101億1427万円を計上した。2018年度内の完成を見込む。
 沿岸5地区の防災集団移転跡地の利活用推進には16億3421万円を盛り込んだ。跡地で各プロジェクトを展開する事業者が3月に決まる。若林区荒浜では震災遺構として残す住宅基礎の保存を進める。
 甚大な地震被害を受けた太白区緑ケ丘4丁目の防災集団移転跡地公園整備に1億7703万円を充てる。
 防災面では、物資輸送や行方不明者の捜索に活用する「災害対応ドローン」の導入に550万円。国連が策定した国際指針「仙台防災枠組」の啓発を図るため、市民向けの連続講座開催費に57万円を投じる。

◎産業活性化/地域ブランド構築

 人口減少社会を見据え、税収増につなげる施策として、地域産業の活性化に引き続き力を入れる。
 中小企業の経営基盤強化に1億2697万円を配分した。競争力の高い地域ブランドの構築や、ものづくり企業を対象にした新規事業の実現可能性調査、成功した経営者による次世代経営者支援などを盛り込んだ。
 成長産業の振興には1億4931万円を計上。市内のIT企業と異業種の連携を促し、新たな事業開発を支援するプログラムには1500万円を配分した。IT人材の育成、確保支援などにも力を入れる。
 介護分野でICT(情報通信技術)を活用し、生産性向上や新事業展開を図る取り組みの推進には700万円を充てた。

<仙台市の主な新規事業>
▽市民センターに図書館サービススポット設置 251
▽がん療養者への医療用かつら購入費助成   621
▽精神障害者の家族支援           181
▽東京五輪・パラリンピックに向けた東北各都市との首都圏共同プロモーション 503
▽特別展「(仮称)戊辰戦争150年」開催  500
▽新型人工呼吸器導入による救急体制整備   729
▽高齢者ごみ出し支援            200
▽剪定(せんてい)枝資源化モデル事業   2669
▽歴史的公文書収集選別・公文書館整備   1135
                   【注】単位は万円


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年02月02日金曜日


先頭に戻る