宮城のニュース

障害児・者らの口腔ケア考える 石巻・あす会合

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市に昨年12月開所した「障害児・者歯科診療所」の実情を踏まえ、障害児・者の口腔(こうくう)支援について考える会合が3日、同市中里3丁目の石巻口腔健康センターである。
 県と県歯科医師会、石巻歯科医師会の主催で4部構成。同診療所の現状について、石巻歯科医師会の鈴木徹副会長と、同市雄勝歯科診療所の河瀬聡一朗所長が講演する。利用者の声を伝えるほか、専門家が各地の取り組みを紹介したり、パネル討論をしたりする。
 同診療所は、一般の歯科医院では診療が難しい患者が対象で、障害児・者が地域で安心して受診できる診療所を目指して石巻地方で初めて開設された。
 午後2時〜4時半。参加無料。連絡先は県歯科医師会地域保健医療課022(222)5960。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月02日金曜日


先頭に戻る