宮城のニュース

<日米共同訓練>オスプレイが参加 宮城・王城寺原15日から

 防衛省は1日、陸上自衛隊第9師団と米海兵隊による日米共同訓練「フォレストライト02」を陸自王城寺原演習場(宮城県大和町、色麻町、大衡村)などで15日〜3月2日の日程で行うと発表した。米軍側は新型輸送機MV22オスプレイ4機を参加させる。同演習場での訓練にオスプレイが参加するのは初めて。
 同訓練は沖縄県の負担軽減に伴う訓練移転で、国内実施は4回目。陸自側が第9師団第39普通科連隊(弘前市)などの約600人、米側が第31海兵機動展開隊(沖縄県)などの約550人が参加する。期間中、ヘリで部隊を派兵するヘリボーン訓練などを行う予定。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月02日金曜日


先頭に戻る