岩手のニュース

業界初!酒造りにAI 二戸「南部美人」東京の企業と実験 杜氏の経験や勘をデータ化

酒米が吸水する様子を撮影する(左から)久慈さん、三浦さん

 二戸市の酒蔵「南部美人」は1日、伝統産業の市場調査などを手掛ける「ima(アイマ)」(東京)と提携して日本酒業界では初となる人工知能(AI)を活用した酒造りの実験を始めた。杜氏(とうじ)が経験に基づいて判断する酒米にとって最適な吸水時間を、AIでデータ化する試みだ。
 吸水は酒米を蒸す前の工程で、水に浸す時間の長短でこうじ菌の繁殖度や酒米の溶けやすさが変化する。杜氏は酒米の種類、精米歩合、気温など複数の条件を総合して吸水時間を決める。
 南部美人5代目蔵元の久慈浩介さん(45)は「吸水率が1%でも変わると、酒の仕上がりは大きく異なる」と説明。杜氏の経験や勘をデータ化してAIに蓄積すれば「人手不足に悩む酒蔵のためにもなる」と実験の狙いを語る。
 吸水時間の測定には、東京のIT企業が開発した解析ツールを活用する。酒米が吸水する様子を数秒ごとに映像化。酒米の外見の変化などから、杜氏が最適と判断する時間をAIが導き出す。
 実験は4日まで。IT企業などが集まるイベントで22日、成果や実現可能性を報告する。
 アイマ社長の三浦亜美さん(32)は「AIは職人に替わるものではなく、あくまでも酒造りを補助するもの。東北が世界に誇る南部杜氏の技を科学的に再現し、業界の発展につなげたい」と意気込む。


関連ページ: 岩手 社会

2018年02月02日金曜日


先頭に戻る