山形のニュース

「雪の東北」観光資源に 山形県と国連が世界会議

吉村知事(右から4人目)らが観光資源としての雪の重要性を強調した=山形市の山形ビッグウイング

 山形県と国連世界観光機関(UNWTO)などは2日、山形市で「雪と文化の世界会議」を開催した。30の国・地域から観光関係者ら約300人が参加。多様な東北の雪国文化への理解を深め、雪を観光資源として活用する「スノーカルチャーツーリズム」の可能性を探った。
 UNWTOのタレブ・リファイ前事務局長は基調講演で「山形の雪と山はとても美しく、観光資源として注目するのは当然。日本は自然と文化とのコントラストを持つ国で、それを世界に売り出したらいい」と指摘した。
 3部に分かれたパネル討論の第1部では、山形県西川町にある月山志津温泉の雪祭り「雪旅籠(はたご)の灯(あか)り」の人気が高まり、近年は訪日外国人旅行者(インバウンド)も誘致するようになった事例が紹介された。
 開催に携わってきた月山和紙あかりアーティストのせいのまゆみさんは「イベントは地域住民が楽しめることが重要。住民の思いも強くなってイベントの質が上がり、観光客に評価される」と語った。
 第2部ではインバウンドに絶大な人気の北海道・ニセコについて、現地でスキーツアーなどを企画するニセコアドベンチャーセンターのロス・フィンドレー社長が国際的な評価を高めた経過などを説明した。
 ロス社長は「欧米のスノーリゾートでは子どもをスキースクールに預け、親は別にスキーを楽しむ。ニセコでインストラクターを増やし、スクールを充実させたらインバウンドが集まった」と振り返り、「ニセコのインストラクターは外国人が多く、日本人と触れ合う機会は少ない。その点では山形が上だ」と語った。
 第3部はスノーカルチャーツーリズムを成功させる方策を巡り議論を深めた。
 都市開発大手の森トラスト(東京)の伊達美和子社長は、デベロッパーが本格参入するには日本のスノーリゾートのブランド力向上が不十分と指摘。「まずは日本を代表する観光資源として雪を売り込む。各地の特徴を強調するのはその後だ。観光のためのインフラ整備も必要」と訴えた。
 吉村美栄子知事は閉会式で「東北が一体となって国内外で誘客事業を展開し、『雪の東北』としてブランド化したい」と述べた。


関連ページ: 山形 経済

2018年02月03日土曜日


先頭に戻る