福島のニュース

福島・双葉地方で回収のタブレットを五輪メダルに再利用 組織委、提供4町に感謝状

感謝状を受け取った4町長と大会組織委の関係者ら=福島県富岡町

 東京電力福島第1原発事故で避難した福島県双葉地方の住民が使ったタブレット端末から回収した金属が、2020年東京五輪・パラリンピックのメダルに使われることになった。楢葉、富岡、大熊、双葉各町が計4000台以上の提供を決め、大会組織委員会から2日、感謝状を受け取った。
 端末は町の広報や住民同士の情報交換を目的に町民に配布され、機種更新などで不要となった。4町は情報発信システムを担ったNTTドコモを介し、大会組織委などが進めるプロジェクトに協力する。
 端末を分解して取り出された金や銀、銅は、計約5000個の金、銀、銅メダルの一部に使われる。
 大会組織委の村里敏彰国際局長が富岡町で4町長に感謝状を贈呈した。村里局長は取材に「古里と住民をつなぐのに役立ったタブレットと聞いている。いいメダルを作り、思いを選手たちに届けたい」と述べた。
 メダルへの再利用について松本幸英楢葉町長は「町民も感謝したい気持ちだと思う。大会を成功させてほしい」と話した。
 プロジェクトでは不要となった携帯電話やスマートフォン、小型家電の提供を呼び掛けている。


関連ページ: 福島 社会

2018年02月03日土曜日


先頭に戻る