宮城のニュース

<仙台いのちの電話>相談員募集 生きる希望へ手助けを

 自殺予防を目的に24時間体制で電話相談に応じる社会福祉法人「仙台いのちの電話」は、4月から実施する相談員養成講座の受講生を募集している。申し込みは28日まで。
 いのちの電話は仙台と石巻の2カ所に事務所を構え、相談員約200人が年間約2万件の相談に応じている。高齢化に伴い相談員が引退し、事務局は新たな担い手を求めている。
 応募資格は22〜65歳ぐらいの健康な男女で、定員は仙台20人、石巻10人。ボランティアで月2回、1回当たり3時間の活動が可能で、年10回あるグループ研修への参加が条件となる。
 養成講座は4月〜来年7月の1年4カ月間で、週1回程度のペースでカウンセリング技術や相談事例などを学ぶ。費用は3万2000円で、宿泊研修費用は別途負担する。
 坂本陽一事務局長は「会社で働きながら相談員として活躍する人も多い。一人でも多くの人が生きる希望を見いだせるよう活動してくれる人を募集している」と呼び掛ける。
 希望者は所定の応募用紙に、参加動機と自分史をテーマにした作文を添えて郵送かホームページから申し込む。連絡先は事務局022(718)4401。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月04日日曜日


先頭に戻る