秋田のニュース

<わたしの道しるべ>伝統文化学び伝えたい

◎大正大2年 小川典宏さん(20)=東京都中野区

 東京・巣鴨の商店街で東北の特産品を販売する「座・ガモール」の学生インターンとして働いています。宮城県南三陸町や山形県最上町など10地域の商品を扱う店で、大正大と商店街が昨年5月に開設しました。漬物や菓子などが人気で、近所のお年寄りや観光客がよく立ち寄ってくれます。
 地域創生学部で地域の活性化について学んでいます。実習として最上町に約40日間滞在し、地元の人と交流しながら文化や歴史を勉強しました。特産品を大都市で売る効果を知りたくてインターンを志望しました。
 由利本荘市出身です。高校時代は地元の由利高校の民謡部で活動しました。担当は和楽器で今も津軽三味線の練習を続けています。土地の風景や文化を歌う民謡を通じて、地域の良さを実感できたことが進学のきっかけになりました。
 伝統文化を次世代につなぐ仕事に就くことが将来の目標です。地域の文化が育んだ商品を発信する「ガモール」は、充実した学びの場にもなっています。


関連ページ: 秋田 社会

2018年02月04日日曜日


先頭に戻る