宮城のニュース

福、まめに来い 塩釜神社で節分祭

盛大に豆をまいた節分祭=4日、塩釜市の塩釜神社

 塩釜市の塩釜神社で3、4の両日、節分祭があり、かみしも姿の年男と年女計340人が特設舞台から盛大に豆をまき、福を呼び込んだ。
 4日は仙台藩伊達家18代当主伊達泰宗さん、歌手ティーナ・カリーナさんら130人が参加。神事に続き、福ますを持った年男、年女が舞台に上がり、「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆を投げた。
 豆には景品の当たりくじが付いた「福銭」も交じっていて、会場を埋めた人たちが歓声を上げて手を伸ばした。
 節分祭は1947年に始まり、今年で72年目。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月06日火曜日


先頭に戻る