宮城のニュース

子どもの成長スマホで後押し 栗原市が支援アプリ 成長記録グラフ化、健診情報通知も

栗原市が運用を始めた子育て支援アプリ「スマイル栗なび!」の画面

 宮城県栗原市は、妊婦や子育て世代に必要な情報を届けるスマートフォン向けの無料子育て支援アプリ「スマイル栗なび!」の配信を始めた。地域の育児施設やイベントを検索できるほか、出生日に応じて予防接種時期を知らせたり、子どもの成長記録をグラフ化したりできる。市によると、自治体による育児関連アプリの運用は県内で初めて。
 1日から配信したアプリには、妊婦健診や乳幼児健診、予防接種などの時期を知らせるスケジュール管理機能を搭載。妊婦の月齢や子どもの年齢に応じた読み物や、沐浴(もくよく)の仕方や離乳食の作り方などの動画を提供する。
 妊婦や赤ちゃんの身長、体重をグラフ化し、体重管理を補助。市外の両親ら住まいが離れた家族がアプリをダウンロードすれば、写真など子どもの成長の記録を共有することができる。
 情報通知機能では、育児教室や読み聞かせといったイベントの案内を配信。市のホームページとリンクし、病院や子育て施設の情報も調べることができる。
 女性向け健康情報サイト「ルナルナ」を運営するエムティーアイ(東京)が他自治体で導入済みのアプリをベースに開発。運営も同社が担う。事業費は50万円で、維持費は月5万円。
 各種アプリストアで入手可。連絡先は市子育て支援課0228(22)2360。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年02月06日火曜日


先頭に戻る