宮城のニュース

「会ってもらえませんか」2週間でLINE300回 ストーカー容疑で男逮捕

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い、知人女性に面会を迫るメッセージを約2週間で300回送ったとして、宮城県警県民安全対策課と仙台南署は4日、ストーカー規制法違反の疑いで、東松島市大曲、会社員三浦博之容疑者(38)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年12月下旬〜今年1月中旬、仙台市太白区の20代女性に「会ってもらえませんか」「明日どうしますか」などのメッセージを大量に送信した疑い。「交際していると思っていた。拒否されて腹が立った」と容疑を認めている。
 南署などによると、被害者と三浦容疑者は飲食店の店員と客の関係。メッセージは昼夜を問わず、1日約150回送った日もあったという。女性から相談を受けた署員が昨年12月下旬、三浦容疑者にやめるよう警告したが、その後も続いたため逮捕した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月06日火曜日


先頭に戻る