宮城のニュース

<ベガルタ>ラファエルソン獲得「パワー生かしたい、ラファと呼んで」

シュート練習をするラファエルソン

 J1仙台は5日、ブラジルのECビトーリアからブラジル人FWラファエルソン(20)=183センチ、93キロ=を期限付き移籍で獲得したと発表した。契約は7月31日まで。背番号は18。
 2015年からビトーリアに所属。5日、宮崎県延岡市の西階陸上競技場で記者会見した後、約1時間にわたってシュート練習などに汗を流した。6日から全体練習に合流する予定。
 渡辺監督は「日本人にはないパワフルさがある。シュートに向かう流れもスムーズだった。局面を打開できる個の力に期待している」と話した。

 得点力が期待されるラファエルソンに今季の抱負などを聞いた。
 −自身の特長は。
 「見ての通りパワーがあるので、それを生かしたプレーを心掛けたい。両足でシュートを打てるし、ヘディングと瞬発力も強みだと思う」

 −日本のサッカーの印象は。
 「切り替えなどがすごく速く、技術の高い選手がそろっている」

 −キャンプをどう過ごすか。
 「まずはチームメートを知り、自分を知ってほしい。早く一人の仲間として認めてもらいたい。仙台はいいチームと聞いているのでなじめるのではないか」

 −今季の目標は。
 「仙台に来られたことはとても光栄で、自分の人生にとって大きなチャンスをいただけた。しっかり活躍してチームに貢献したい。映像で見たが、仙台には素晴らしいサポーターがついている。たくさんのゴールを決めて笑顔を届けたい。愛称は『ラファ』と呼んでもらえれば」


2018年02月06日火曜日


先頭に戻る