青森のニュース

雪に触れて!楽しんで!青森で台湾観光客らミニスキー作り体験

真剣な表情でミニスキーを作る参加者

 青森県平内町のスキーメーカー「ブルーモリス」は4日、台湾南部からの家族連れなど計10人の観光客を対象に、ミニスキー作りの体験講習を行った。
 ミニスキーは体験講習用に用意された長さ約90センチの木製。社員の指導の下、参加者は金具を取り付け、ろうそくを使ったワックス塗りなどをして、自分専用のスキーを作っていった。
 完成後、近くの夜越山スキー場に移動して思い思いに滑走。蔡明諺さん(13)は「自分で作ったスキーで滑ることができて楽しかった」と喜んでいた。
 スキー作りは、観光客に雪遊びやスキーを体験してもらい、冬季の誘客につなげようと発足した官民組織「青森スノーランド活性化協議会」の事業の一環。
 協議会事務局長でブルーモリスの盛健一専務は「雪に触れて楽しさを味わって、将来、本格的にスキーをしに青森に来てくれれば」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2018年02月06日火曜日


先頭に戻る