宮城のニュース

<仙台市医療センター>准看護師解雇無効訴訟 合意退職で和解が成立

 公益財団法人仙台市医療センター(仙台市宮城野区)が運営する仙台市太白区の診療所を正当な理由なく解雇されたとして、青葉区の元女性准看護師(57)が法人に雇用契約の確認などを求めた訴訟は6日までに、仙台地裁で和解した。
 2015年11月20日付の解雇を撤回し、労使の合意退職とする内容。解決金などの詳細は非公表。
 訴えによると、女性は15年2月に採用され、診療所勤務となった。法人は同8月、併設する介護老人保健施設への異動を命じ、拒んだ女性を休職とし、3カ月後に解雇通告した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月07日水曜日


先頭に戻る