宮城のニュース

<ベガルタ>延岡キャンプ 休養日明けで軽快な動き

 6日は午前、午後の2部練習が計2時間半行われた。午前は体幹トレーニングやランニングが中心で、GK陣は至近距離のシュートをセーブする練習で反応を高めた。午後はハーフコートで攻撃を組み立てる実戦的な練習を行い、MF野津田、新加入のFWラファエルソンが切れのある動きを見せた。
 渡辺監督は「休養日明けの練習で、みんな軽快な動きだった。寒い日が続くが、仙台に戻った時のことを考えればいいシチュエーションだと思う」と話した。


2018年02月07日水曜日


先頭に戻る