青森のニュース

男性に暴行、陸自隊員を停職処分 青森

 陸上自衛隊青森駐屯地(青森市)は5日、第5普通科連隊の男性陸士長(23)を停職5日の懲戒処分にしたと発表した。
 同駐屯地によると、陸士長は昨年4月24日午後6時20分ごろ、青森市内を車で走行中、前に割り込まれたことに立腹。赤信号で停止した際、相手の車のドアを開け、運転していた男性の胸元をつかんで数回前後揺さぶり、首に軽いけがをさせた。


関連ページ: 青森 社会

2018年02月07日水曜日


先頭に戻る