宮城のニュース

<宮城県警>覚醒剤密売で27人逮捕 容疑者「受け取ったが営利目的ではない」

グループの拠点とみられる住宅=7日、仙台市若林区

 覚醒剤を密売したなどとして、宮城県警銃器薬物対策課と仙台中央、塩釜、岩沼、大河原、加美の各署は7日、覚せい剤取締法違反や麻薬特例法違反などの疑いで、仙台市若林区石垣町、韓国国籍の建設作業員花岡功誠こと李浩淑容疑者(57)=公判中=ら27人を逮捕したと発表した。
 李容疑者の他に逮捕されたのは、同区若林6丁目、無職清水幹夫(41)=同=、南相馬市、同伊藤恒久(53)=同=、横須賀市、会社員長谷川成寿(46)の各容疑者ら。
 李容疑者の逮捕容疑は清水容疑者と共謀し、2016年7月中旬〜17年6月27日、仙台市内などで同市や塩釜市、茨城県、神奈川県などの30〜60代の男女19人に覚醒剤を密売した疑い。17年5月31日には仙台市内のホテルで、清水、伊藤両容疑者らと共に長谷川容疑者らから営利目的で覚醒剤約30グラムを40万円で譲り受けた疑い。
 宮城県警は17年6月27日、仙台市内の密売拠点など県内7カ所を捜索し、主犯格とみられる李容疑者や客ら男女5人を逮捕。その後の捜査で覚醒剤約18グラム(末端価格約115万円)を押収した。李容疑者ら密売グループは少なくとも1000万円以上の違法収益を得ていたもようだ。
 李容疑者は「覚醒剤を受け取ったことは間違いないが、営利目的ではない」と容疑を一部否認しているという。県警は、覚醒剤を使用した男をかくまった犯人蔵匿などの疑いでもグループの一部を逮捕した。グループ内での各容疑者の役割など全容解明を進める。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月08日木曜日


先頭に戻る