福島のニュース

いわき産しめさば全国へ イオン400店舗で販売、福島の水産業応援

発売された「わら焼きしめさば」と試食する買い物客=郡山市のイオン郡山フェスタ店

 総合スーパーのイオンリテールは7日、いわき市小名浜港で水揚げされ、市内で加工された「わら焼きしめさば」を本州と四国の全400店舗で発売した。旬の魚を使った商品を全国販売し、東京電力福島第1原発事故の風評被害が続く福島県の水産業を応援する。
 同市中之作に工場を置くオーシャン物産が、主力のわら焼きカツオで培った稲わらを使うあぶりの技術を活用。通年出荷できる新商品を開発、納入した。
 原料のサバは昨年11月〜今年1月、小名浜船籍の船団が宮城県金華山沖から千葉県銚子沖までの海域で漁獲した。
 オーシャン物産の工場は東日本大震災で津波に見舞われた。約3カ月後に復旧したが、当初は風評被害に苦しんだ。郡山市のイオン郡山フェスタ店で7日、商品をPRした細木茂彦社長は「わら焼きにすることでサバのまろやかな味が楽しめる。福島のおいしい魚を全国の皆さんに味わってほしい」と話した。
 わら焼きしめさばは半身入り1パック257円(税込み)。


関連ページ: 福島 経済

2018年02月08日木曜日


先頭に戻る