宮城のニュース

<仙台地裁>強制わいせつ男性に無罪判決「被害者供述 信用性欠く」

 18歳未満の女子高生の体を触ったとして、強制わいせつ罪などに問われた仙台市宮城野区鶴ケ谷、会社員赤間建太被告(24)の判決で、仙台地裁は8日、「被害者供述は信用性に欠け、性的行為には一定の同意があった」として無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。
 被告は2016年11月8日夕、富谷市内のスーパー駐車場に止めた乗用車内で、市内の当時17歳の女子高生の胸を触るなどしたとして同12月に起訴された。
 小池健治裁判長は「2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合い、事件前にも性的な接触があった」と認定。「拒否したのに無理やり押し倒され、車内からSNSで友人に助けを求めた」とする女子高生の供述を「経過からして不自然」と指摘した。
 女子高生は事件後に被告とのSNS上のやりとりを消去し、弁護側が公判過程で復元した。判決は「それまでの親密だった交際状況の捜査は何らされていなかった。自己に不利な証拠を消しており、変遷もみられる供述は全体的に信用できない」と判断した。
 被告は女子高生から大学生と告げられており、「当時18歳未満と明確に認識できたとは言えず、自己の性欲を優先したのではなく好意を持った自然な性衝動だった。性的行為に同意がなかったと認定するのはためらわれる」と結論付けた。
 仙台地検の高橋孝一次席検事は「主張が認められず遺憾。判決内容を精査して適切に対応したい」とコメントした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月09日金曜日


先頭に戻る