宮城のニュース

酒気帯び運転疑いで毎日新聞記者摘発

 毎日新聞仙台支局の男性記者(34)=仙台市泉区=が、酒気帯び運転の疑いで仙台北署に摘発されたことが8日、分かった。
 北署によると、男性記者は2日夜〜3日未明、仙台市青葉区の飲食店やカラオケ店など計3店で同僚とビールや日本酒などを飲み、同区の支局に徒歩で戻った後、3日午前3時ごろ、帰宅のため乗用車を運転。同区の市道を運転中、パトカーに停止を求められ、呼気検査で基準値以上のアルコールが検出されたという。
 毎日新聞社社長室は「本紙記者が検挙されたことを重く受け止め、厳正に処分するとともに再発防止のための社員教育を徹底します」とコメントした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月09日金曜日


先頭に戻る