宮城のニュース

<元保育士わいせつ>被告の控訴棄却「相当悪質で常習性も高く、非難は免れない」

 勤務先の保育園で女児10人の体を触り、その様子を携帯電話で撮影したとして強制わいせつ罪などに問われた仙台市宮城野区幸町2丁目、元保育士の無職阿部亮太被告(28)の控訴審判決で、仙台高裁は8日、懲役15年を言い渡した仙台地裁判決を支持、被告の控訴を棄却した。
 控訴審で弁護側は「量刑は不当に重い」と訴えたが、判決は「犯行態様は相当悪質で常習性も高く、非難は免れない」と退けた。
 判決によると、被告は2015年10月〜16年10月、青葉区の保育園に勤務中、同園の当時3〜6歳の女児10人に計22回、下着を脱がせて下半身を押し付けたり、携帯電話で動画を撮影したりした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月09日金曜日


先頭に戻る