福島のニュース

福島第2原発の冷凍機室で発煙 けが人なし

 8日午前9時ごろ、福島県楢葉町の東京電力福島第2原発の1・2号機廃棄物処理建屋で、2階冷凍機室内の送風機モーターから煙が出ているのを協力企業の作業員が見つけた。東電によると出火には至らず、けが人はいない。周囲の放射線量に異常はなく、東電などが原因を調べている。
 廃棄物処理建屋は1、2号機で発生した放射性物質を含む固体や液体を処理する施設で、冷凍機室には建物内の空調を管理する設備がある。


関連ページ: 福島 社会

2018年02月09日金曜日


先頭に戻る