宮城のニュース

<特殊詐欺>仙台市の女性 150万円被害

 仙台北署は9日、仙台市青葉区の無職女性(87)が特殊詐欺で現金150万円とキャッシュカード2枚をだまし取られたと発表した。同署によると9日午前、警察官を名乗る男2人が女性宅を訪問。「サイバー攻撃があり、被害に遭っていないか確認している。キャッシュカードを貸してください」と言われ、女性は男にキャッシュカード2枚を渡し、暗証番号を教えた。同日中に女性の銀行口座から現金計150万円が引き出された。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月10日土曜日


先頭に戻る