宮城のニュース

<ベガルタ>阿部、走り込み黙々と

10日の練習試合に備え、練習に励む阿部(中央)ら仙台イレブン

 「あした試合だぞ、もう終わりにしろ」。渡辺監督の声が響いた後も黙々とピッチで走り込んでいたのは阿部だった。若手に交じっての居残り練習を終えても息は上がらない。「状態は全然良くない。30%くらい。ボールは足につかないし、体はおかしいし」と笑い飛ばす。
 ミニゲームでは石原らと呼吸を合わせ、前線で存在感を示した。10日に対戦する広島の城福監督とは甲府、FC東京で師弟関係となり「勝負に徹する姿勢を学んだ」と振り返る。かつての恩師の前で一皮むけた姿を見せる覚悟だ。


2018年02月10日土曜日


先頭に戻る