宮城のニュース

<仙台市立小>会津地方への修学旅行、原発事故前水準に回復 風評沈静化

鶴ケ城は歴史を学ぶ格好の教材となっている

 福島県会津地方を修学旅行先に選ぶ仙台市立小の数が、東京電力福島第1原発事故前の水準にほぼ回復したことが分かった。会津は定番の修学旅行先だったが事故後に激減した。市教委は「風評が収まりつつある」とみるが、福島県からの避難児童に配慮し旅先を会津に戻さない学校もあり、影響は依然、尾を引く。
 仙台市立小が主に修学旅行で訪れる岩手、山形、福島3県の校数の推移はグラフの通り。2010年度は全125校(当時)中、106校が福島県だった。その大半が会津に足を運び、戊辰戦争で戦った白虎隊が最期を遂げた飯盛山などを訪ねた。
 原発事故直後の11年度は4校に激減した。市教委によると、一部保護者から「福島に行かせるのは不安」「会津は大丈夫でも途中が危険なのではないか」などの声が上がったことが理由。
 その後は徐々に増え続け、17年度は92校まで回復。保護者からの懸念の声はほぼなくなったという。
 会津若松観光ビューロー(会津若松市)によると、全国から修学旅行で訪れる学校数は原発事故前の75%まで戻った。中でも仙台市を含む宮城県は92%と回復率が高い。担当者は「安全な地域という認識が浸透してきた」とみる。
 風評以外の理由で福島県に戻さない学校もある。
 青葉区のある小学校は原発事故後に行き先を岩手県に変更した。校長は「校内に福島から避難している児童がいる。つらい経験を思い出させないよう学校として配慮している」と説明。新年度も岩手を検討しており「避難している児童が卒業するまでは福島へは戻さないつもりだ」と話した。
 一方、仙台市立小では会津への一極集中から分散化する兆しもうかがえる。東日本大震災前は福島106校、岩手14校、東京3校の3都県だった旅先の構成に、新たに青森、山形、北海道などが加わった。
 児童約1100人を超える岩切小(宮城野区)は「児童が多く、修学旅行生が集中する会津では宿泊施設や食事場所などで困ることが多い」との理由で岩手県への修学旅行を続ける。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月11日日曜日


先頭に戻る