宮城のニュース

震災忘れず歌い続ける 松島町で音楽イベント

新春爆音静音ショーで熱唱するアサノさん

 音楽イベント「新春爆音静音ショー」が1月28日、松島町の松島プチホテルびすとろアバロンで開かれ、ロック、ブルース、ダンスなどプロとアマの計21組が出演した。
 松島に住むプロキーボーディスト佐藤達哉さんらでつくる「爆音プロジェクト」が企画し、今年で4回目。ホテル内に設けた2会場で演奏を繰り広げ、約150人の来場者は会場を行き来して楽しんだ。
 ラジオパーソナリティーでミュージシャンとしても活躍するアサノタケフミさん(34)=多賀城市=は5曲を披露。東日本大震災の発生日を描いたオリジナル曲で、佐藤さんが編曲した「春の牙」を熱唱して盛んな拍手を受けた。
 アサノさんは「震災を忘れないために毎回歌っている。お客さんと出演者が触れ合ういいイベントだと思う」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月12日月曜日


先頭に戻る