宮城のニュース

<利府町長選>あす告示 町議補選も

 任期満了に伴う利府町長選は13日告示される。いずれも新人の元町職員大野尊行氏(44)、元参院議員熊谷大(ゆたか)氏(42)、前町議会副議長羽川喜冨氏(56)、元町議吉田裕哉氏(40)が無所属での立候補を表明しており、町制施行以来最多の4人による戦いとなる公算が大きい。
 大野氏は「トップダウンや行政主導だけではなく、一人一人が輝ける町づくりを進める」と訴える。知名度アップへつじ立ちを重ね、町内をこまめに歩く。
 5期で引退する鈴木勝雄氏(74)の町政継続を前面に打ち出す熊谷氏は、国や県との太いパイプを強調。「先進的な文化複合施設の計画を進める」と意気込む。
 羽川氏は周辺市町村との政策協力や相互支援による財政負担の軽減、効率化を主張。「ワークショップを活用した住民参加型の町づくりを」と力を込める。
 町政刷新を掲げる吉田氏は「行財政改革を進め、文化複合施設などの『ハコモノ』の建設を中止する」と力説。民間と連携した交通網整備に意欲を見せる。
 投票は18日で、即日開票される。欠員2の町議補選も同じ日程で行われ、元議員1人と新人1人が立候補する見通し。
 昨年12月1日現在の有権者数は2万9559人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年02月12日月曜日


先頭に戻る