宮城のニュース

生き抜く力今に伝える ルバング島から帰還の元日本兵・小野田さんしのび写真展

ルバング島で撮られた写真について説明する大友さん(右)

 終戦後の約30年間、フィリピン・ルバング島でサバイバル生活を送った元日本兵小野田寛郎さん(2014年死去)をしのぶ写真展が、仙台市青葉区の五橋ビルで開かれている。28日まで。
 小野田さんの帰還までと帰還後のキャンプの様子など計60点を展示。小野田さんの貴重なインタビュー映像も上映している。
 青少年を対象とした野外教室「小野田自然塾」の活動を引き継いだ小野田記念財団の主催。財団の大友長悦理事長(62)は「小野田さんは子どもたちが責任と自覚を持つことを願っていた。知らない世代にも来てほしい」と呼び掛ける。
 午前10時〜午後6時(最終日は正午まで)。入場無料。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月12日月曜日


先頭に戻る