宮城のニュース

角田の食材を丼で楽しもう 17日から「まつり」

 角田市の食材を丼でアピールする「春のかくだ どんぶりまつり」が17日始まる。食堂やレストラン計15店が多彩な丼を提供する。
 市特産のジューシーな野田鴨を卵でとじた「野田鴨ひらめき丼」、秘伝豆や仙南のブランドポーク「ジャパンX」を使ったメニューがそろう。
 市主催で2回目。市商工観光課は「各店が昨年に増して工夫を凝らしている。食材を自由に生かせる丼で角田の食の恵みを楽しんでほしい」と話す。
 3月11日まで。参加店のスタンプを集めると、抽選で特産品セットや市内で使える共通商品券が当たる。連絡先は同課0224(63)2120。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月13日火曜日


先頭に戻る