秋田のニュース

<ネタバレ>マンガ「ワンピース」違法公開事件 著作権協会が被害の拡大防いだ秋田県警を表彰

感謝状を受け取る加藤課長(中央)と渡辺署長(右)

 発売前の人気漫画「ワンピース」などの画像をインターネットサイトで公開したとして、秋田市の男女2人が著作権法違反の疑いで逮捕された事件で、一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)=東京都文京区=は8日、被害拡大を防いだとして秋田県警に感謝状を贈った。
 秋田中央署であった贈呈式には、捜査班を代表して渡辺隆英署長と加藤伸一生活環境課長が出席。協会侵害対委員会出版業界部会の伊東敦主査が2人に感謝状を手渡した。
 ACCSの担当者によると、全国初となった摘発を機に同様のサイトが自主的に閉鎖したり、内容を変更するなどの効果があった。
 伊東主査は「違法サイトが存在すれば漫画家の対価が減って新しい作品が生まれなくなる。根絶できるよう取り締まりを続けてほしい」と話した。


関連ページ: 秋田 社会

2018年02月12日月曜日


先頭に戻る